トップページ>SEO対策内容

SEO施策プロセス

キーワード選定の方法

おはようございます。

前回の調査をふまえ、今回は対策するキーワードを決定します。

Googleでのキーワードボリューは

Google Keywords Tool

Yahoo!、Googleで実際に上位表示した際のアクセス数の推測数は

アクセス比較

を使って調査します。

 

SEOproのSEOの基本的な方針は

トップページ:ミドルキーワード狙い

下層ページ:スモールキーワード狙い

ブログ:ミクロキーワード狙い

です。ブログ→下層ページ→トップページの順に

上位表示を達成しようと考えています。

 

まず、トップページですが、

格安SEO系で一番検索数の大きい

「格安 SEO」、「格安SEO対策」で

対策をします。これらの他に、「Google対策」「SEO 成果報酬」も

狙いたいところですが、狙うキーワードが多くなると上位表示に時間がかかるので

断念します。サイトの中でトップページが一番上位に上がりやすいのでたくさん

キーワードを詰め込みたくなりますが、清く多くても2キーワードであきらめるのが

無難です。また、狙うキーワードをころころ変えるのも禁物です。

ページのテーマが変わるので、検索エンジンからの評価がリセットされます。

積み上げてきた評価を0にして再スタートするような感じです。

 

次に主要な下層ページでページ内容にあったスモールキーワードを設定します。

①上位表示実績ページ

「SEO 実績」・・・1000 (Google検索ボリューム

上位表示実績だとボリューム10と小さすぎるので上記だけにします。

 

②対策内容

こちらはSEO対策に関する詳細を書いてあるので

「Google対策」・・・4,400

「Yahoo対策」・・・8,100

「SEO 成果報酬」・・・6,600

でいこうと思います。

このページは上位表示するとユーザーをけっこう獲得できるかもです。

 

③ご利用料金

こちらはSEOの価格系のキーワードでいきます。

「SEO 価格」・・・720

「SEO 費用」・・・1,900

「SEO 料金」・・・1,300

ただ、上記3つを狙うとtitleタグ(検索結果に表示されるサイト名の部分です)が

SEO 価格・費用・料金 | SEOproとなりなんかこう値段系の単語が3つ並んでくどいので

「SEO 価格」はあきらめます。

 

他にもページはあるのですが、弊社のリソースから考えると1サイト7キーワードぐらいが

妥当です。あんまり欲張っても手が回らなくなってしまうので。

 

最後に、ブログでのSEO対策。

毎回記事ごとに、上位に上げたいキーワードを

選びます。

今回の記事はキーワードの選び方なので

「SEO キーワード」・・・6,600(Googleボリューム)

「キーワード選定」・・・590(Googleボリューム)

にします。

具体的には、記事を書いたあとに、毎回Title、description、Keywordsを設定します。

本記事は

Title: SEO キーワード選定 | SEO対策実況ブログ

Keywords: SEO,キーワード,選定

Description: SEOキーワードの選定の仕方、考え方に関して説明している記事です。SEOを真剣に学びたい方におすすめです。

となっています。

SEO対策はひたすら地味な作業の積み重ねだと思います。

気の長くなる作業ですが、こつこつやっていきます。

 

次回は、内部対策に関して書きます。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

お見積り
流れ
CMSPRO格安ホームページ制作